ANAの株主優待券の使用幅の広さ

ANAの株主優待券と言えば、その一番の特典はやはりANA系列の航空チケットを半額で購入することができるということだと思います。
しかし、ANAの株主優待券は航空チケットを購入する場合の割引以外にもたくさんのサービスがあるのです。
例えば、ANA株主優待券を利用して宿泊料金も割引することができる、というようなところもあるのです。
ANA系列のホテルなんかでは、株主優待券ANAを使うことで宿泊料金も割引してもらえるのです。
インターネットでの予約をする場合なんかも、あらかじめ株主優待券を持っているということを追記しておけば割引料金で予約することができるのです。
しかも、宿泊料金もちゃんとマイルの加算対象になりますのでポイントをためることができるという特典が付いています。
さらには、株主優待券を持っている人にはベストフレキシブル料金という日程によって変動する料金からさらに2割引もしてくれるという特典があるんですよね。
飲食にも株主優待券は発揮しますので、1回の食事当たりで1割引きまでしてくれるのです。
なので、ANA株主優待券は航空券を買うだけではなく宿泊施設を利用するときにも恩恵があったりと幅広く使うことができるのです。
宿泊施設利用のときに、例えば会議室や宴会場を借りることも旅行の内容によってはあることだと思います。
そういう場合も、15%引きで利用することができるなどほとんどの利用料金を割引してくれる、というような特典があったりと、とても融通が利く物なんですね。
なので、ジェットスター国内旅行にも便利なANAの航空券を買うときはもちろんなのですがANAの宿泊施設を利用するときにも株主優待券は十分な恩恵を発揮してくれるのです。
しかも、ANA系列のホテルの数は特に東京方面にはとても多いので東京方面に用事がある場合なんかはそちらの宿泊施設を利用することで安価でいいサービスを味わうこともできるということなのです。
ただし、割引対象になる物にもある程度限定的な条件があったりしますので使用する場合はあらかじめ何に適用されて適用されない物は何なのかということを調べておくといいでしょう。
それそ差し置いても、その株主優待券の効力が発揮される数の種類の多さや幅の広さは航空会社の株主優待券の中では最も大きいといってもいいかと思います。
さらに、株主ではなくても外部から購入する場合なんかも値段的に購入しやすいようなものになっていますので、興味がある人は購入するといいでしょう。